HOME > 工事の流れ

工事の流れ

工事の流れ

1. 足場組

仮設足場組と飛来防止ネットで近隣に飛び散らないようにします。

↓
2. 高圧洗浄

当社の高圧洗浄は公共事業にも使用される150Kのものを使用しています。

↓
3. 下地調節

既存の壁の種類、状態により塗装できる状態までもっていきます。
サイディングボードの場合、

  • コーキングの打ち替え,打ち増し、釘の浮き等の打ち込み等
  • モルタルの場合vカット、コーキング補修等
  • 金属サイディングの場合目粗し等

↓
4. 鉄部錆止め

程度により グラインダー掛け、ケレン,目粗し等行います。
鉄部の錆止めは錆が出ているので錆止めを塗るわけではありません。
鉄部の下塗りとして錆が発生しないように塗ります。
なので錆の上に塗ってもすぐに錆が出てきます。
そのためにグラインダ掛けやケレンで錆を除去した後に錆止めを塗るわけです。
ただブリキ等薄い物、裏まで回った錆、手の届かないところなどもあるのでかんぺきには取れない所があるのも現実です。
そういう所はできるだけ錆をとっておいて強溶剤2液エポキシ系の錆の発生にもある程度対応できる塗料を使用します。
ただエポキシ樹脂は防食性、付着性が非常に高いのですが、耐久性がないためにウレタンなどで上塗りします。

↓
5. 養生、下塗り

ビニールのシートのようなもので窓等塗装しない部分を養生します。
下塗りも既存の壁、状態によって変わります。
既存がモルタルで塗り替え一度目の場合微弾性フィーラーを使うのですが既存の壁が弱い場合はカチオン系の材料で固めてから塗る必要があります。
微弾性フィーラーは伸縮性のある材料なのでクラック等にも対応できるのですがですが既存の壁が弱い場合塗ることで重みがついてしまいめくれることがあります。
微弾性フィーラーもクラックが多いい場合マスチックローラーでパターンをつけながら塗ります。
既存壁がサイディングボードの場合普通の微弾性フィーラーではふくれてしまう可能性があるのでカチオン系の材料を塗ります。
カチオンも水性と溶剤系があり溶剤系の方が性能的に上なのですが、壁に全面塗ると施工中臭いのと、一度塗られているのが水性の場合「おきる」といってめくれてくることがあります。
なので状況によって水性と溶剤を使い分けます。
ただ、既存のサイディングボードに玉吹き等吹き付けてある、細かい凹凸が激しい場合サイディングボードの塗り替え用のパーフェクトサーフ等で少し厚みをつけて下塗りします。
いずれの場合も原則下塗りは1回塗りですが、吸い込みが激しい場合等は下塗りを2回塗りして上塗りを塗れる状態にします。
下塗りは塗れば塗るほど良いというものでもないのですが一度塗っても吸い込みが激しいと中塗り上塗りが吸い込んでしまい本来の上塗りの性能を発揮できなくなります。

↓
6. 中塗り、上塗り

仕上げの材料を2回以上塗装して耐久性のある塗膜を作ります。

↓
7. 鉄部、木部等塗装

鉄部、木部その他の部分も1回塗るだけではなく、適正な下塗りを塗った後上塗りを2回塗ります。
木部は1エキウレタン木下で吸い込みが止まるまで塗りそのあとにウレタンを2回塗ります。
下塗りが不十分だと塗った直後は光沢があるのですが1年もしないうちに色がとんでしまいます

↓
8. 点検

最終確認のち足場解体します。

株式会社 リメイクラビット埼玉 フリーダイヤル:0120-913-769 メールでのお問い合わせ  
PAGE TOP